西塔祐三とグランオルケスタ・ティピカ・パンパ      to Home

  


<プロフィール>

1955年西塔辰之助により結成。
全国をコンサートツアーでまわる傍らテレビ・ラジオに毎週レギュラー出演、ダンスホールの専属バンドとして大人気を博す。
1993年、西塔辰之助没。以後、辰之助の片腕として活躍していた弟、西塔祐三がマエストロを引き継ぎ現在に至る。

日本で随一のダリエンソ・スタイルを継承する楽団としてファンも多く、年2回のペースで開催している東京都内での自主コンサートは毎回満員である。
また西塔祐三は後継者の育成にも力を注ぎ、伝統的なアルゼンチンタンゴの保存、発展に情熱を傾けており、
この楽団からは若手タンゴバンド「エストレージャス・デ・パンパ」「チコス・デ・パンパ」も生まれている。


Copyright:(C)INTERNATIONAL CULTURE CO.,LTD all rights reserved  to Home